カードローンは金利で選ぶと楽になる

カードローンを選ぶときにどのような基準を採用するのかは人に寄ります。たとえば、「借りやすい(審査基準)」「即日融資が利用できる」「有名な会社が運営している」「知り合いが利用している」などさまざまな基準があり得ますが、中でも重視しなければいけない基準は「金利」です。カードローンを利用する以上、必ず「利息」の支払いを求められます。契約先や内容によって具体的な比率は異なりますが、消費者金融系ならば一般的に18%付近、銀行系でも15%付近の金利が設定されているので、100万円を借りた場合は年間15~18万円の利息を支払うことになります。もっとも、この金額は「100万円を1円も返済することなく借り続けていた場合」の利息なので、現実にはそれよりも少ない利息で済みます。ただ、金利が低ければ低いほど基準となる利息額が少なく済むので、完済までのハードルを下げることができます。利息は元金よりも優先的に充当され、いくら支払っても返済が終了することはないものなので、1円でも少ない金額に抑えることがとても大切です。

もし、複数のカードローン業者を選択できる状況であれば、まずは「少しでも金利が低い」という条件で優先順を決めます。(低金利カードローンとはベースとなる設定が低ければ低いほど状況による変化も少なく済むので、安定感の高い環境で契約できる期待が持てます。ただし、カードローン業者によっては「無利息期間」などを設置している場合もあります。無利息期間とは、文字通り一切の利息が発生しない期間のことです。カードローン業者によって、初めて契約する人限定で30日間は限度額無制限で無利息期間を適用できるとしている場合や、限度額制限付きで180日間無利息で利用できる場合、完済後は常に初回借入から30日間は無利息できるようできるなどさまざまです。完済までのプランならびにその後の利用状況などによって最適な選択肢は異なりますが、適切な選択ができれば表面上の金利をさらに下げることも可能です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク