カードローンと審査について

カードローンを申し込むと、その後には必ず審査が行われます。既に契約がある場合はもちろん別ですが、これから新たに融資を申し込もうとする場合、審査なしにお金を貸してくれることはありません。最近では、即日で融資することを売り物にしているカードローンも多くありますが、たとえその場合であっても必ず行われるのです。何のために行われるのかは、考えてみれば明らかでしょう。融資を仕事にしているとはいえ、お金を貸す相手は言ってみれば見ず知らずの人です。その人にお金を貸して大丈夫か、きちんと利息をつけてお金を返してくれそうかを確認しない限り貸すことはできないのは個人であっても会社であっても同じです。では、具体的にどんな内容が審査されるのかが気になるところです。一体、何を確認し、どういう基準で判断しているのでしょうか。これは基本的には大きく2つに分けることができるでしょう。

一つは収入面です。その人にどれくらいの収入があるのかは当然気になるところです。カードローンは特に担保となる不動産などを取ったりしません。保証人を求めたりもしません。となると、頼りになるのはその人自身が将来的に得る収入だけです。ですから、収入の多さは当然気になるのです。ですが、収入の多さだけではありません。たまたま一時的に収入が多いだけでは困ります。今の収入がどれくらい安定したものかというのも問題にされるのです。具体的に言えば、例えば大企業の正社員や公務員はよほどのことがない限りは収入が途絶えてしまうことはないと考えられます。つまりそれだけ有利です。アルバイトやフリーターの人はその逆となるわけです。このように収入面は重要なポイントですが、それだけではありません。もう一つのポイントは、いくら収入があろうとも、借りたお金をきちんと返すきっちりとした人かどうかです。要は、過去にいろいろなシーンで借りたお金をきちんと返してきたかどうか、例えばクレジットカードの支払い履歴などが問われることになります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク