カードローンの審査について

貯金を使い果たしたばかりの時や、給料日がまだまだ先の時に限って、まとまったお金が必要になることもよくあります。知り合いにお金を借りるのは嫌だという人は、銀行や消費者金融が扱うカードローンに申込むといいでしょう。連帯保証人などは必要ないので、自分の責任だけでお金を借りれます。ただしカードローンに申込めば、誰でも借入ができるというわけではなく審査に通る必要があります。

金融業者によって審査基準が違うので審査に通る所もあれば、落ちる所もあります。ほとんどの業者が、返済能力を重要視して審査する傾向が強いです。金融業者としては毎月必ず返済して欲しいので、安定した収入があるかを厳しく調べます

安定した収入というと、正社員で高額な年収じゃないと無理と思う人もいますが、パートやアルバイトでも毎月決まった収入があれば、収入は少なくても安定した収入とみなされます。ただし働き始めて間もない人は、どんなに収入が多くても安定した収入とはみなされないので、ある程度の期間働いてからカードローンに申込むことが大事です。

銀行や信用金庫では、年収何百万円以上とか勤務年数何年以上ないと申し込めない所もあるので、よく確認してから申し込んでください。以前に返済延滞をしている人も信用情報機関に履歴が残るので、返済能力が低いとみなされ、カードローン審査に通らないことも多いです。

自分はカードローンやキャッシングの返済延滞は、今まで一度もないから大丈夫と思っている人もいますが、携帯電話や通販の返済延滞があるだけで審査に通らないこともあります。他社からの借入件数をごまかして申告する人もいますが、調べられるとすぐにばれるので余計に審査に通るのが難しくなります。

他にも誤字脱字があると、嘘の申告をしていると思われるので、書類を提出する前はしっかり確認することが大事です。どうしてもお金を借りたいからと、一度に複数のカードローン会社に申込む人もいますが、申込んだ履歴も確認され、よほどお金に困っていると思われ審査に通りにくくなります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク