カードローンを利用するならば「銀行系」がおすすめ?

ELFADSC03684_TP_V

「カードローン」と言えば、真っ先に消費者金融を思い浮かべる人も少なくないでしょうが、様々なメリットを比較した場合には「銀行系の方がおすすめ」と言えます。なぜ、銀行系のカードローンの方がおすすめなのかと言うと、その最たる理由は「金利が低い」という点です

カードローンを利用する際には、借入れ金額に対して「利息」が発生します。利息とは、いわば「手数料」「お礼金」の様な意味合いを持つもので、言ってしまえば「支払わないに越したことが無い費用」です。借入れた金額(元金)を全額返済することで完済となりますが、利息が発生する場合には「最初に利息分が減少し、その次に元金が減少する」という環境になるため、どうしても返済効率が悪くなります。

とは言え、カードローン会社にとっては利息が利益につながる要因であり、利息自体を全く受け取らずにいるとお金を貸すことによるメリットが何もなくなってしまいます。その為、少なくとも貸金業者を利用している状況では必ず利息が発生することになり、その割合を示す「金利」が出来る限り低い設定の商品を利用することが重要になります。

現状における金利は「利息制限法」「貸金業法」「出資法」などの様々な法律によって上限が決められていますが、それぞれで異なる上限設定になっていることもあって「20%」を上限として別途規制する形となっています。消費者金融系の多くは18%程度を最大金利として設定していますが、銀行系の場合は15%程度を上限としているものが多くあります。

わずか3%程度の差では違いが無いように考える人も居るでしょうが、仮に100万円を借りた時には年間で3万円も利息が変わってくることになるため、単純に言って「利息分3万円+返済に充てられた場合の効果3万円」で実質6万円分の違いがあるという見方も可能です。つまり、より効率よく返済することが期待できると言う意味で「低金利で利用しやすい銀行系カードローンがおすすめ」となります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク